分譲マンション VS 賃貸。違いは誰が幸せになるように作られているか

分譲マンションを購入するか、賃貸マンションに住みつづけるか。

この悩みは家族構成が変わるなどライフスタイルに変化が現れた時によく出てくるものです。結婚したりお子様が生まれたりすると急に「我が家」という意識が芽生えてくるから困ったものです。

でもこれはそれだけ貴方が家族やパートナーの幸せを真剣に考えられている証ですので、これからの暮らしをどんなふうに創造していきたいのか大いに悩んでいただきたいと思います。

分譲と賃貸の違い

お部屋を探してサイトを検索するとアパートやマンションなど賃貸住宅の情報がたくさん出てきますが、不意に出てきた分譲マンションの豪華なバナーが気になったことはありませんか?

住み心地や得られる自由の違い、不動産オーナーになることのメリットなど分譲マンションと賃貸マンションの違いは様々あります。

住宅を選ぶ際には、自身の生活スタイルや将来の計画、所有権の重要性などを考慮して、分譲マンションと賃貸マンションのメリットとデメリットを比較検討することが重要です。

所有権の違い

分譲マンション: 分譲マンションは新築でも中古でも各戸が個別に所有権を持っています。つまり、マンションの一部(自分の住んでいる部分)を自分の所有物として取得することができます。土地は共有持分の場合が多く、各戸が管理組合を通じて共有の土地や共有設備を管理します。

賃貸マンション: 賃貸マンションは、住む権利を借り手に提供する形態です。入居者は建物や部屋を借りるだけで、所有権を持つわけではありません。賃貸契約期間が終了すると、入居者は退去するか、契約を更新する必要があります。

入居者の立場の違い

分譲マンション: 分譲マンションの住人は自分の部分の所有者であり、建物全体の管理や共有施設の利用について発言権を持ち、住民同士で協議することが一般的です。

賃貸マンション: 賃貸マンションの住人は入居者であり、所有者に家賃を支払って住んでいます。入居者は、所有者や不動産管理会社によって設定された規則や契約条件に従う必要があります。

管理体制の違い

分譲マンション: 住民が集まって管理組合を組織し、共有の土地や設備の維持管理、修繕、保険などを協力して行います。実際の業務は管理会社に委託するケースがほとんどです。

賃貸マンション: 所有者や不動産管理会社が建物全体の管理を行います。入居者は、管理会社や所有者に報告すべき問題があれば連絡し、修繕やメンテナンスは通常、所有者側が担当します。

 

住み心地に違いはあるのか。

どちらが良い住み心地かは、個々のライフスタイルや優先事項に依存します。将来の計画や所有権の意義、住みたい地域の安定性などを考慮して、自身に合った住居を探すことが重要です。

 

分譲マンションの住み心地

カスタムの自由がある

分譲マンションに住んでいる場合、専有部分についてはリフォームや間取り変更が自由にできます。これにより、自分の好みに合わせて住環境を整えることが可能です。売却したり賃貸として貸し出すことも可能です。

住民同士のコミュニケーションがある

分譲マンションでは、同じ建物に住む住人とのコミュニケーションがしやすい傾向があります。管理組合や共有のイベントなどが通じて、コミュニティが形成されやすいです。

長期的な安定感がある

分譲マンションを所有している場合、将来的な資産価値の上昇や持ち家の安定感が期待できます。住宅ローンを利用する場合、団体信用生命保険に加入するので、もし返済者に不幸があっても生命保険会社がローンの残債を支払ってくれるメリットもあります。

 

賃貸マンションの住み心地

移動の自由がある

賃貸マンションでは、賃貸契約期間が比較的短期間であるため、柔軟に住む場所を変えることができます。仕事や生活状況が変わりやすい方や変化を求める方にとっては、柔軟性がメリットとなります。

近所付き合いがない

賃貸では住民同士でコミュニケーションをとる必要はないというのが基本的な考え方で、近所付き合いが苦手な人や煩わしいと考えている人にとっては好都合です。

管理体制の便益

賃貸マンションでは、不動産管理会社が建物全体の管理を担当しており、問題が発生した際には迅速に対応してくれる場合があります。また、建物のメンテナンスや修繕については所有者が責任を負うので、入居者は自らの住環境を気にせずに済む場合があります。

 

まとめ

分譲と賃貸ではさまざまな違いがありますが、住まいに関して言えることは「その建物のオーナーが幸せになるように作られている」ということではないでしょうか。

分譲住宅はそこに住む人自身がオーナーとなるので住み心地や設備グレードを高める工夫が満足感に直結します。子育てに関係することも多いので住環境の良さや治安の良さも重要視されます。

一方賃貸住宅のオーナーは投資家と呼ばれる人たちであり、自分が住むわけではありません。アパートやマンションは不動産投資の対象であるため、オーナーは家賃や入居率を高くキープしつつ初期投資や維持費をできるだけ安く抑え、利回りが下がらないように工夫します。

 

これを読まれて「やっぱり分譲マンションだな!」と思われた方は、ぜひシフトライフまでご連絡ください!

アメイズCLUB会員募集 物件情報をいち早くお届け